その他の症例について

四十肩・五十肩とは

【イラスト】四十肩・五十肩とは

その呼び名の通り四十肩・五十肩は、40~50代の中年以降の方に多く発症する症状で、正式には「肩関節周囲炎」という病名がついています。

肩の痛みによって腕が上がらないといった症状が出てきますが、日常生活の中で見ていくと、上着の着脱の際に肩に激痛がはしるとか、女性に多いのが、髪がとけない、結べないといった「結髪障害」です。

また、帯が結べない、ブラジャーをつけたり外したり出来ないといった「結帯障害」など、後ろに手を回すことが出来なくなるような運動障害を伴う方もいます。

また俗称で「四十肩・五十肩」と一応呼ばれていますが、症状の発症は、30代や70代で発症したというケースもあり、全ての方が40~50代に発症するということではなく、発症年齢にも幅があるようです。

因みに私は開業してまだ間もない頃、両肩をいわゆる"四十肩?"で痛めてしまい、肩から腕にかけての痛みと重だるさで、一時とても辛い時期を過ごしました。(あの辛さは痛めた人でないとわからないですよね・・・)

四十肩・五十肩の初期

四十肩・五十肩の初期

四十肩・五十肩は、正式な「肩関節周囲炎」の名称が示す通り、肩関節の周りの組織が炎症を起こしている状態のことを言い、炎症の発生原因が老化と深い関係があると言われています。

また炎症する部位でもっとも多く見られるのが、肩甲骨と上腕をつなぐ"肩甲上腕関節"と、鎖骨のちょうど下辺りに位置する"肩峰下関節"の2カ所になります。

他にも肩関節の筋肉が大きく関係してきますが、わかりやすく簡単に説明すると、肩関節の老化が進んでくると周辺の筋肉がだんだん硬くなっていき、その硬くなった筋肉を酷使していると、筋肉と骨とをつなぐ腱に負担が集中して表れてきます。

腱の組織が疲労してもろくなると、ちょっとしたことで傷が入り炎症を引き起こし、やがて四十肩・五十肩へと進んでいくというパターンになります。

四十肩・五十肩の発症急性期の症状としては、肩に激しい痛みを感じたり、患部が熱をもったり、赤く腫れたりすることがありますが、こうした症状の多くは、約1週間程度でおさまり、その後は慢性的な症状へと移行ししていくことが多いようです。

四十肩・五十肩の慢性期

【イラスト】四十肩・五十肩の慢性期

やがて慢性期(およそ半年から1年半位)に入ると、患部の炎症は徐々におさまってきますが、今度は患部組織に癒着が起こることがあり、この癒着によって肩や腕が動きにくくなって、無理に動かそうとすれば激痛に見舞われることも多くなります。

こうして慢性期に移行してくると、肩や腕の動きがかなり制限され、さらに症状が重度かしてくると、夜間床についても酷く痛むようになり、痛みでぐっすり睡眠もとれず、精神的にもストレスがたまりやすくなります。

「四十肩・五十肩なんて、ほっとけば良くなるよ!」なんてよく聞きますが、たしかにほっといても"よくなるもの"であればいいのですが、ほっといて慢性化していく方が以外にも多く、体が発するサイン(症状)に対して何も対処しないというのは、体の専門家としてはあまりオススメは出来ません。

またこれもよくある話しですが、組織の癒着を防ぐために肩をよく動かさなければいけないというのもありますが、これはあながち間違いではないのですが、少し動かしただけでも激痛がおきる患者さんに、「肩をよく動かしましよう!」では、あまりにも酷な話しとしか言いようがありません。激痛があるほどの痛みですから、それは体からの立派な"防衛反応"です。無理をかければかける程、体はあなたのいうことを聞いてくれないでしょう。

それに体の問題は部分を診るのではなく、常に「全体を診る」必要があります。特に骨格の要となる骨盤は、離れた肩や首、足首までも大きな影響を与えます。

【イラスト】四十肩・五十肩

これまでの治療が痛みのある部分のみ診ていることが、以外にも治癒を遅らせる要因になっているのかもしれません。

慢性期に入った四十肩・五十肩はちょっととやそっとでは簡単によくなるものではありませんが、当院でしっかり施術を受けることで、長年上がらなかった腕が上がったり、激痛に悩まされていた方が、痛みがどんどん軽減して、長いこと悩まされていた症状から解放された方もおります。

どんなに慢性化した四十肩・五十肩でも諦める必要はありません。

勿論、「本気で治したい!」と思うのであれば、しっかり腰を据えて治療(施術)していくという覚悟は必要ですが、しっかり治療したその先には、痛みのない清々しい生活というご褒美がきっと待っていることでしょう。

沖縄市 整体 からだ回復整体ちゃーがんじゅー/電話:098-929-3637/所在地:〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2-3-21 1F Eメールでのお問い合わせはこちら
受付時間
午前9:00~12:00
午後2:00~7:00
定休日
火曜日午後、水曜
所在地
〒904-2162 沖縄県沖縄市海邦2-3-21 1F
お問い合わせ
お問い合わせは下記のいずれかの方法でお気軽に!
お電話098-929-3637
Eメールでのお問い合わせはこちら
院長ブログ